連絡先 トップに戻る 最初に戻る
$Date: 2017-05-06 22:21:48 +0900 (2017/05/06 (土)) $
$Revision: 1117 $

sqlite3 のコンパイル (VC6)

概要

sqlite を Visual C++ 6 (VC6) でコンパイルする方法を説明します。 sqlite3 は SQL の簡易データベース用のライブラリです。なおこのページで sqlite3 のコンパイル方法を 説明するのは、一時期 Subversion 1.5 のソースコードで sqlite3 が mergeinfo というデータ構造の記録に 使われていたためです。

準備

sqlite3 のコンパイル

  1. sqlite-source-3_3_13.zip を入手し、解凍する。
  2. VC6 で DLL のプロジェクトを作成する。(プロジェクト名は sqlite3)
  3. プロジェクトファイルにすべてのソースを追加する
  4. ランタイムライブラリの設定を変更する。 (これをしないとリンカーエラーになります)
    1. プロジェクトの設定を開く
    2. C/C++ タブに移動
    3. カテゴリでコード生成を選択
    4. 使用するラインタイムライブラリで、マルチスレッド (DLL、デバッグ) またはマルチスレッド (DLL)を選ぶ
  5. プロジェクトをコンパイルする
  6. 参考

    手元で作成したプロジェクトファイル(ver 3.3.13 用)

sqlite3 のDEF ファイルからインポートライブラリを作成する)

メモ
lib  /def:sqlite3.def